Now Loading...

住宅用地盤改良

地盤改良の必要性

建物を新築する際は、構造耐力上、安全な住まいを建築するために、事前に地盤の強度を調べる「地盤調査」を行います。
地盤調査の結果、十分な地耐力が無い場合には「地盤改良」によって地盤の強度を高める工事が必要です。地耐力とは地盤がどの程度の荷重に耐えられるか又は、地盤の沈下に対して抵抗力がどのくらいあるかを示す指標で地盤の支持力のことをいいます。
たとえば木造住宅を建てる場合、地盤が軟弱で地盤改良が必要と判定された場合、住宅の荷重に地盤が耐えられるよう地盤補強をしなければなりません。そのためには地盤改良が必要となります。

地盤改良の必要性

地盤改良工法の種類

表層改良工法
表層改良工法
地盤の表層に土砂とセメント材を強く押し固めて地層をつくる工法で、軟弱層が浅い場合に採用することができます。
メリット
比較的低コストで強度を維持できることです。軟弱地盤の強度を上げ、安定した地盤層と一体化させて支持地盤を造ります。
デメリット
表層改良する深さより浅いところに地下水位がある場合は避ける必要があります。
砕石パイル工法
砕石パイル工法
地盤に孔を掘り砕石を詰め込むことで地盤の支持力を高める最新工法で、液状化現象に強く、有害物質等が発生しません。
メリット
硬化材を一切使用せず、100%天然素材を使用するため環境に優しく廃棄費用も発生しません。支持層がなくても施工ができます。
デメリット
残土が出てしまいます。また、地盤改良中の揺れが大きい場合があります。
鋼管杭工法
鋼管杭工法
地中の深い位置にある硬く安定した地盤に鋼管を打ち込むことによって基礎を支え、支持力を得ることができます。
メリット
土の種類に左右されず軟弱地盤を補強することができます。残土が少なく、固まるまでの養生期間が必要ありません。
デメリット
支持層が無い場合には施工できません。土地を売却する際に杭撤去費用がかかる可能性があります。
柱状改良工法
柱状改良工法
地中に柱状のセメント系の固形材を注入し、特殊な重機により柱状改良体を作ることで建物を支えます。
メリット
支持層(強固な地盤)がなくても施工できる場合があります。騒音と振動が低く、残土が少ないことです。
デメリット
セメントと土が混ざると発がん性物質である「六価クロム」が発生する可能性があります。
地盤改良で安心を手に入れましょう!

建築予定地が軟弱地盤であることが分かったら、適切な地盤改良工事を行うことをおすすめします。
福田工業 地盤改良事業部では、天然砕石工法や鋼管杭工法など、狭小地や軟弱地盤などの条件に沿った最適な工法をご提案いたします。
『高品質+工期短縮+コスト削減』での工事が可能ですので、お気軽にご相談ください。

住宅用地盤改良
地盤調査の調査結果から取得したデータをもとに判断し、建物を安全に支えるための地盤強化工事を行います。

住宅の基礎となる地盤を、適切な状態に改良する工事が「地盤改良工事」です。福田工業 地盤改良事業部では、天然砕石工法や鋼管杭工法など、狭小地や軟弱地盤などの条件に沿った最適な工法をご提案いたします。高品質+工期短縮+コスト削減が可能な工法での工事可能ですので、お気軽にご相談ください。

所在地:〒344-0131 埼玉県春日部市芦橋897

お電話でのお問い合わせは 
048-884-8777

株式会社福田工業公式サイト

株式会社福田工業は、地盤改良という建物を支える重要な部分に携わる会社として、『未来を支える地盤づくり」をモットーに、社員一同力を合わせ、日々努力を継続して参ります。